肝臓がんに早く気付こう|定期検査を受けましょう

消化器官のがんとは

2人の男性

大腸にできる良性のポリープもがんに進行する場合があります。切除するには腹腔鏡手術が行われ、これは大腸がんの手術にも使われます。脂肪分の多い食事やストレス、遺伝などが原因で発症します。大腸がんは右側や左側にできるものと直腸がんに分類できます。

もっと見る

血液を介して感染する病気

カウンセリング

沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓は代謝や解毒といった重要な働きをしています。c型肝炎はウイルスに感染することで肝臓に炎症が起きますが、無症状のまま数十年かけてゆっくりと進行するのが特徴です。放置しておくと肝硬変や肝がんの原因となります。インターフェロン等を使った治療中は普通に生活することも可能です。

もっと見る

一過性に注意

シニア夫婦

脳梗塞は血栓が詰まって突然に倒れこむことや、一過性の症状が起こってあとは何事もなかったような状態になることもあります。一過性の場合はすぐに医師の診断を仰いでください。再発をする傾向が高い病気になっていますので注意が必要です。

もっと見る

肝障害から発展するがん

医者

ウィルス性が多くを占める

肝臓がんは男性のがんの死亡率の第3位を占め、一時期のピークを除いては今は減少傾向にあります。もともと肝臓にがんが発生する場合と、転移によって増殖する場合があり、ほとんどの原因はウィルス性によるものです。これはB型またはC型肝炎ウィルスに感染している患者を言い、残りの一部は過度の飲酒が原因となっています。肝臓がんはとても症状に気付きにくい特徴があり、もともとウィルスに感染している人がなりやすいため、検査で分かる場合も少なくありません。肝臓がんの検査では血液検査と画像診断にて行われます。腫瘍を特定できる血液検査では、高い確率で疑いを発見することができます。そして、画像診断では超音波やCTなどを使って状態を調べていくようにします。万が一肝臓がんと診断された場合でも、適切な治療で回復に近づけるように努めてくれます。

症状に気付きにくい

肝臓は比較的大きな臓器ですが、肝臓がんになってしまってもその症状はほとんどないというのがこわいところです。沈黙の臓器と言われるように症状に気付きにくいため、進行してしまってから気づく場合も多いです。このような理由から死亡率が高くなってしまうため、早めに気づかなければいけません。肝臓がんの初期症状では、まれに疲労や食欲不振を訴える人もいます。しかし、これだけで肝臓がんに気付くのも難しいので、判断も遅れてしまいます。ただ、肝臓がんは肝障害になっていない人が発症してしまうことはとても稀です。やはり、何かしらの障害を抱えている人が発症しやすい特徴があるため、特にウィルスの感染者の人は気を付けなければいけません。肝臓がんを特定できる検査はいろいろと行われているので、定期的に検査を受けていくようにすれば安心です。